痩身エステの種類『キャビテーション』について

キャビテーションは痩身エステの種類の1つで、脂肪が発生させるセルライトの改善に役立ちます。
元々キャビテーションとは、船のプロペラで起こる現象を差す言葉で、その発想がエステにも活かされています。
具体的には、液体中で発生した圧力差によって、短時間の内に泡が生まれたり消えるメカニズムです。
別名、空洞現象とも呼ばれていて、痩身エステでは擬似的に機械でこの空洞を作って効果に結び付けています。

 
エステサロンで使われるキャビテーションマシンは、超音波を脂肪に当てることで、細胞中に空洞が発生して破壊します。
この時に発生する振動は秒間数万回で、これが脂肪に刺激を与えて細かく破壊するわけです。
超音波による振動を受けた細胞は、とても細かくなって燃焼しやすくなったり、体外に排出される状態になります。
体に蓄積している脂肪細胞は、そのままの状態だと代謝されにくいので、何もしなければずっと排出されないままです。
痩身エステでは、体の外側から脂肪に働き掛けて細かくすることで、代謝によって排出される状態に導きます。
これはキャビテーションに通じる考え方で、痩身エステの基本でもありますから、キャビテーションマシンを使った施術はエステの理念すら表しているといえます。

 
肝心の期待できる効果としては、脂肪が塊の状態から細分化されるので、肌に現れるデコボコのセルライト解消が挙げられます。
脂肪と一緒に余分な水分や老廃物も排出されますから、肌の状態が滑らかになって、スッキリとスリムになれます。
お腹周りや腰は特に脂肪が集まりやすいので、ここに痩身エステ自慢のキャビテーションを施すと、余計な脂肪を一気に排出できます。
お腹や腰はメリハリが生まれやすい部分ですから、キャビテーションの効果が最大に発揮されれば、本来のメリハリボディが実現するでしょう。
痩身エステが提供する施術は安全ですし、脂肪吸引のような強引なやり方とは違い、自然で無理のない綺麗な美肌が手に入ります。